Taking too long? Close loading screen.

家の前に止まってても恥ずかしくない日本一スタイリッシュなバキュームカー!昭和時代に欲しかったw

2018年のストリートカーナショナルズで、注目を浴びた車の一つが、この車。 おそらく、平成生まれの人たちの目には、このトラック、何かの特殊自動車くらいにしか見えないでしょう。 しかし、昭和世代であれば、すぐにピンときますね、この車。 そうです、バキュームカーです!!w バキュームカーといえば、その昔、まだ下水道設備が整っていない地域では、各家庭でたまったうんこやおしっこを、肥溜めから吸い取って運んでくれる、非常に重要な働きをしていたトラックです!…
Read More...

愛国者の夢と浪漫を乗せて走る大日本護國會のスペースライナー街宣車

外国人観光客がやたら増えてきた東京都内でよく見かけるようになった、屋根なしの大型観光バスとしてもよく使われている、ドイツ製のネオプラン・スペースライナー。 豪華サロンバスとしても知られるこのバスを、街宣車仕様にした大日本護國會さんの街宣車。 まさにこれぞ、愛国者の夢でもあり、またロマンであります!
Read More...

【光る街道美学】まるみ工芸のペイント陸前浜街道は全国翼心会の千愛丸

これは全国翼心会さんに所属する千愛丸さんの全点灯しながらの走行シーンです。 キャデラックバンパーにバイザー、シートデッキにサイドバンパー、そしてバスロケットと、デコトラに必要と思われるものすべてが装着された、まさに王道の全部入りデコトラ! ピッカピカの電飾が素晴らしいですが、その電飾と同じように鮮やかな波のペイント。 これはまるみ工芸さんによるものです。 そして波の絵よりさらに目立つ「陸前浜街道」の文字。 陸前浜街道とは、 江戸から陸前 (宮城県)…
Read More...

これぞアメ車造形美!うねる毒蛇の様に絶妙な曲線の初代ダッジバイパー

市販車で最速を記録したという二代目のダッジバイパーの元となったのが、この初代バイパー。 最速のエンジンを積む二代目こそ、まさに古き良きアメ車を体現した車かも知れませんが、初代バイパーのボディーの形も、その名前となっているバイパー(毒蛇)というコンセプトを見事に形にした芸術的な曲線で、強烈な存在感を放ちます!w あらためて、毒蛇と初代バイパーを比べてみると、よりダッジバイパーのカッコよさを実感するのではないでしょうか!!w…
Read More...

フェアレディZフルワークスみたいなバットモービル風コルベットスティングレー

このえぐいオープンカー。パッと見ると、バットモービルを彷彿させます! バットモービルはいくつか種類がありますが、ティム・バートン版のバットモービルに似ています。 バンパーは、どことなくデコトラのラッセルバンパーに似ています。 これが、また、フルワークスのフェアレディ―Zに似ています…
Read More...

軽自動車ランボルギーニ!アベンダドール仕様三菱ekワゴン実は超本気仕様だった!

車好きの人であれば、いつかは手に入れてみたいランボルギーニ。 でも、もし、日本全国民がランボルギーニに乗っていたとしたら、ランボルギーニの魅力は半減しますよね?w 他に乗っている人があまりいないからこそ、ランボルギーニに乗ってみたいという気持ち、ランボルギーニの魅力も高まるのだと思います。 ところが、ランボルギーニを手に入れた人でさえ、人と同じランボルギーニでは満足できぬと、ランボルギーニをカスタムしてしまう世界最強の強者が、諸星一家さんでしょう。。…
Read More...

古さを感じさせないボイドのホイールが似合うスタンス風アルシオーネ

今見ても、未来の形の車って感じのするアルシオーネ。 今見ても、素晴らしくて、超独創的なデザインですが、 このアルシオーネのライバルは、いすゞのピアッツァだったそうです。 そういわれてみると、似ているような感じがしないでもないですが、 個人的には、シトロエンのXMにも似ているなぁと思います。 これがまた、超独特なデザインのボイドのホイールをはかせて、グッと車高を下げて、…
Read More...

今世紀最高傑作と名高い伝説の街宣車!祖國防衛隊フォードF700のレポート

アメ車マニアも一目置く、街宣車としてのみならず、正統派?カスタムカーとしても 今世紀における最高傑作ではないかと呼び声の高い、あの、祖國防衛隊さんのフォードF700 通称「モンスター」のレポートが掲載されました。 レポートは文字数や様々な事情で、あくまでも車両紹介ということで、表面的なことしか書かれていませんが、誌面に書かれていないことで、一つだけ言いたいことは、…
Read More...

飾りっけないのにこの重厚感と貫禄!これぞ関東の青果便仕事車だ【仕事車礼讃】

愛乱グループと言えば、関東の青果界隈でその名を知らない人はいないほどの有名な仕事車グループでしょう。 そこに所属するこの愛乱丸さんは、パッと見ると、バンパーもバイザーもシートデッキもバスマーカーもついていない、実に飾りっ気のない感じがするトラックですが、それにもかかわらず、どこか、ズシンとくるような、分かる人にはわかる、大人の重厚感と貫禄を醸し出しています。…
Read More...