現在、大型車では当たり前となったハイルーフキャビンを誕生させた車種であるスーパードルフィン。

これは「鬼グリル」と呼ばれる逆台形のグリルが採用された車種は1990年にマイナーチェンジされたもの。

これは、旧車の部類にはいる車で、今もまだ尚、長崎と東京を行ったり来たりしているとは、感慨深いものがあります!

激渋!鬼グリル&ハイルーフのスーパードルフィン鮮魚車フレッシュ対馬は長崎→東京便!

これぞ仕事車の鏡!長崎から東京に生きた魚を運ぶフレッシュ対馬のスーパードルフィン鬼グリル鮮魚車

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください