Portfolio

上級国民が池袋で運転してそうなダッジチャレンジャー

ダッジのチャレンジャーは、往年のアメ車の代名詞のような、マッスルカーですね。

大きさ、そして排気量、馬力、全てにおいて、ダイナミックで、そして美しい車です。

でも、車というのは、一旦公道に出れば、それは走る凶器になりえる、恐ろしい乗り物でもあります。

でっかい鉄の塊が、100km近いスピードで、道路を走ることができるわけです。

道路には無防備な歩行者がたくさん歩いているわけですから、そんな走る凶器を運転する人は、歩行者の安全を第一に考えるような人に運転してもらいたいものですね。

ところがこのチャージャー、なにやら穏やかじゃないカラーリング。

このカラーは、塗料で塗られたものであることを祈りたいものです。

ちなみにこのダッジは、岐阜県のカスタムショップ

Quartt Fabrication 株式会社クアート さんの手によるものです。

上級国民が池袋で運転してそうなシボレーチャレンジャー

 

Tags

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button