Blog

マツダファンが泣いて喜ぶ鼓動デザインRX7FDロケットバニー装着!

このマツダRX7のFDをパッと見たとき、おお!かっこいいなぁと思ったんですが、じっくり見ると、「かっこいい」程度のことでは済まされない、すごい改造ですねwwwww

まず目につくのは、なんといっても、2016年のスタンスネーションでも装着率高かった、ロケットバニーのフェンダーです。

これ系のフェンダーはリバティーウォークが有名ですが、スーパーカーとかの超高級車のイメージが強いのですが、こっちのロケットバニーは、シルビアのS13,S14,S15、そしてRX7FDのような、日本の走り屋ご用達自動車がラインナップにあるので、どこか身近な感じがします。そこが、非常に好感度高い改造車ですwww

で、このロケットバニーですが、普通にくっ付けただけでなく、穴抜き加工を施してあるところに、ビルダーのセンスの高さを感じます。というのも、それが、車の色やホイールの具合や、フェンダーのリベットなんかの感じと相まって、近未来的な感じを醸し出しているからです。

いわゆるトータルコーディネートというやつでしょうw

でホイールは、これまた、今まで何千個とホイールを見てきたと思いますが、今まで一度も見たことないような独創的なホイール。

このホイールは既製品にはない特注のホイールだそうで、rotiform HUR x 特注ビードロックver というものだそうですw

いわゆるクロカン系ホイールに装着されるビードロックをパッセンジャーカー用のホイールに落とし込み、さらにはセンターやリムから全てハイポリッシュフィニッシュにすることによって、泥臭いイメージが皆無のショーオフ仕様に仕上げました。もちろんrotiformのラインナップにこのモデルはデフォルトでは存在しません。
https://www.ozawareport.com/single-post/2017/02/04/Anastasi-RX7-rotiform-bead-lock-HUR

そしてなにより、この改造RX7FDの一番のポイントは、鼓動デザインのフロントです!

鼓動デザインというのは、それまで低迷が続いていたマツダの業績を見事にV字回復に導いた躍進の原動力と言われている、2010年からスタートした「クルマに命を与え、その生命感をカタチにする」というマツダのデザイン戦略です。その意味は、文字通り、人の魂を動かす、生きたクルマをつくるためのデザインの哲学です。

そしてこのデザイン戦略の一環として、BMWのように、どの車種もグリルのデザインを統一させて、ブランドイメージの確立を図っています。

マツダファンが泣いて喜び感動するする鼓動デザインの改造RX7FD!Blog

しかしながら、鼓動デザインの中にはRX7はありません。

というのも、RX7FDが販売されていたのは1991年から2002年の間。マツダの起死回生をかけたデザイン戦略がはじまる10年も前の車なのです。

 だから、デザイン性の高さから最高傑作として名高いRX7のFDこそ、鼓動デザインであってほしかったというのが、多くのマツダファンの願いではないのでしょうか!!w

そしてそのマツダファンの夢をかなえたのが、この改造車なのです!w

マツダファンが泣いて喜び感動するする鼓動デザインの改造RX7FD!Blog 1

この車は、2016年10月に開催されたスタンスネーションに出展されたんですが、その時アワードをとったようです。

そしてその次の年の2月発売のカスタムカーの表紙にもなっています


カスタムカー2017年2月号

この素晴らしい改造車を作ったのは、

広島でANASTASIという自動車屋をやっている坂本さんのようですw

 

この車をスタンスネーションで見かけたときに、僕が個人的に一番うれしかったのは、車載車でこなかったことです!!w

ストリート好きの僕としては、そういうところがポイント高いですwwwwwwww

広島在住の方のようですが、まさか広島から自走できたのかなぁ???www

 

マツダファンが泣いて喜び感動するする鼓動デザインの改造RX7FD!Blog 2

Tags

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close