このZ31型は、それまで宇宙船のコクピットのような丸みをもったデザインから、

Y30系セドリックとか、あの頃の昭和のカクカクデザインに通じる、どこか直線を多用したボディーラインをもったZです。

ヘッドライトも丸目から四角に変わったのも、カクカクデザインになったと思わせる一つでありますw

このあと、Z32のボディーラインはより流線型なものとなっていきますね。

この、宇宙船から流線型に変わる過渡期というか、昭和のカクカクデザインであるZ31は、

じじい世代ではない、おじさん世代に懐かしい車だと思いますw

タミヤから発売されていた300ZX。どうしてこのアングルの絵を使ったのか。この角度だとフェアレディーの魅力が伝わらないような気がするのは私だけでしょうかw

そのZ31、いや、このZ31の控えめなカスタムは、

あれ?こんなにロングノーズだったっけ?と思わせるような、ボディーラインをより際立てていますw

フェアレディZはこんなかっこよかったんだと気づかせてくれるシンプルな300ZX 1

「フェアレディZはこんなかっこよかったんだと気づかせてくれるシンプルな300ZX」への23件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください