Portfolio

閲覧注意?廃車系カスタムのスバルサンバー啼遇舞櫓は常に退廃的に進化する!

この見るからにやばそうな軽トラ、マッドマックスでもまだ生ぬるく思えてくる

この病的なスバルのサンバーは、孤高の芸術家、ダテナオキさんが手がけたものw

 

一見すると、気持ち悪くてボロボロなのですが、細かいところを見ていくと、

その病的なまでなボロボロ感、気持ち悪さ感をより大げさに表現するために、実に精巧な改造、カスタム、装飾がなされていることに驚かされますw

そんなとこに目をやらなくても、とにかく単純に一瞬みただけでも充分にしの気持ち悪さ、気味悪さに驚けるという、まさに、素人でも玄人でも気持ち悪さを満足堪能させることのできる、すごいカスタムだ!w

旧車會では、やられ系という、意図的にボロく、古くみせるカスタムがあるけども、

この軽バン、啼遇舞櫓に限っては、やられ系でもまだ生ぬるく、もう粗大ごみ寸前の廃車系とでも言うべきか!w

通常、粗大ごみというのは、ドンドンと退廃していく、進化とは逆のベクトルに向かっていくものですが、

実は日々、いろいろと手を加えられていっているのです。。

つまり軽バンに限っては、まさに、その退廃感が進化していくともいうべきか、二律背反の進化していく粗大ごみ状態!

誰にも真似のできない、追従を許さない境地にいながら、さらに高みに登って行っているのです!

そしてこの軽バン啼遇舞櫓、これでいて、本来の車の目的である、走るという機能をスポイルさせていたいところに、

ビルダーであり芸術家であるダテナオキさんの志の高さがひしひしと伝わってくる、まちがいなく、日本のカスタム史上に残る傑作車両です!!!!!!

ダテさんのフェイスブック

https://www.facebook.com/date.naoki.52

閲覧注意!廃車系カスタムのスバルサンバー啼遇舞櫓は進化する粗大ごみ 1 閲覧注意!廃車系カスタムのスバルサンバー啼遇舞櫓は進化する粗大ごみ 2 閲覧注意!廃車系カスタムのスバルサンバー啼遇舞櫓は進化する粗大ごみ 3 閲覧注意!廃車系カスタムのスバルサンバー啼遇舞櫓は進化する粗大ごみ 4

閲覧注意!廃車系カスタムのスバルサンバー啼遇舞櫓は進化する粗大ごみ 5

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

12 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button