その詳細は謎のベールに包まれているものの、
ベース車両はホンダ技研から販売されている大型バイクVT1300ではないかと強く推測されるこの車両は、トライクカスタムを行っているGORDONが手がけたものだ。

実に美しく輝くメッキエンジンをさらに引き立てるツヤのある黒色のボディ、
そして、その車体の中に張り巡らされた赤いネオンのスイッチが入れられると、
まるで体中を巡るバイクの大動脈の血小板ののようにピッカピカに輝く!w

その迫力たるや、思わず「うぉー!」と声をあげずにいられない、そんな男のバイクである!w

バイクにみなぎる血のように真紅に光る黒いトライクVT1300 1 バイクにみなぎる血のように真紅に光る黒いトライクVT1300 2

「バイクにみなぎる血のように真紅に光る黒いトライクVT1300」への17件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください