Portfolio

走りに不真面目な走り屋のバイクGSXR250パジャマ号EAST JAPAN 変態 ALL STARS

これは走り屋のバイクなのですが、少なくとも旧車や族車、チョッパーやビッグスクーターなんかと違って、

仮にも、走り屋というくらいですから、そのカスタムの方向性は、走ることに対して真摯な態度でいなければ

ならないと考えるのが、普通の人の考えだと思うのですがw

この、名前からして真面目とは思えない、「パジャマ号」は、どう贔屓目に見ても、

走りに対して真面目に向き合っているとは思えないカスタムですw

まず、どう考えても空気抵抗を敵に回すようなモンゴリアン風防の取り付け角度w

垂直につけるならまだわかるんですが、さらに前に倒すとは、あまりにもふざけ過ぎています。

これでは前方から受ける風の力をバイクの揚力に変えてしまい、スピードを上げれば上げるほど、

前輪の操縦性が悪化してしまいかねません!w

走りに不真面目な走り屋のバイクGSXR250パジャマ号EAST JAPAN 変態 ALL STARS 2

で、その下には、結束バンドで車体にプラスチック段ボールをくくりつけているのですが、そこに書かれている説明書き

「シュラウドだよ イエ~イ」というのを見る限り、シュラウドのつもりなんでしょうけども、

どう考えてもシュラウドの働きをしてませんねw

走りに不真面目な走り屋のバイクGSXR250パジャマ号EAST JAPAN 変態 ALL STARS 3

後ろのほうにはどう考えても空気抵抗を増やすこと以外の働き以外、考えることのできないツッパリテールw

空気抵抗が悪くなるならまだしも、走り屋として、最大の危険である、警察の追尾において、

仲間のバイクよりも一際目立つために、どう考えても警察の標的になるために、一役買ってしまうであろう、ツッパリテールw

走りに不真面目な走り屋のバイクGSXR250パジャマ号EAST JAPAN 変態 ALL STARS 4

で、なぜかその付け根には紫の回転灯。

見た感じ、テールランプやらウインカーといった、走るために必要な灯火類が付いているのか付いていないのかよくわからない

ような状態にもかかわらず、普通に走るために、絶対に必要のない回転灯は目立つ所にしっかりとりつけられているという、

まさに、走りに対して、不真面目すぎるこの走り屋のバイク!w

そんなバイクでも、ひとたび走り始めると、不思議と、何とも言えないカッコよさがあります!w

走りに不真面目な走り屋のバイクGSXR250パジャマ号EAST JAPAN 変態 ALL STARS 5

走りに不真面目な走り屋のバイクGSXR250パジャマ号EAST JAPAN 変態 ALL STARS 1

 

Tags

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

19 Comments

    1. 僕もよくわからないんですけど、まず車種的に旧車じゃないのと、ヘルメットがフルフェイスの時点で、族車じゃなくなりますよね。。。走り屋でも意外とツッパリテールにする人は多いんですが、モンゴリアン風防はほとんど走り屋では見かけません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button