Blog

生首危険?お化け屋敷も蛇女に続いて中止?消えゆく夏の風物詩の運命は!

写真を整理していたら、お化け屋敷の写真が出てきた。

これは靖国神社の夏祭りで撮ったものだ。

蛇女に続いてお化け屋敷も中止か?消えゆく夏の風物詩 1
まさかこんな形で、この写真を使う日が来るとは、思いもよりませんでした。

 

お化け屋敷のテントの前に、首を切断されて処刑された、生首がずらずらと並べられてあるものだ。

その当時は、「気持ち悪い!」と思い、「こんな薄気味悪いことしやがって!」という怒りを込めて、思わず中指を立てて写真を撮ったのです。

正直なことを言うと、こんなのは、数か月前までは、たんなる冗談みたいなものでしたよね?

ところが、イスラム国によって、湯川遥菜さんや後藤健二さんが首を切断されて処刑された今となっては、もうこれは、冗談ではなくなってしまいましたね。

後藤健二さんの処刑予告がイスラム国から出されたときは、サッカーくじ「10億円ビッグ」のテレビCMで、イスラム国の人質事件を連想させる描写があったことから放送が中止されました。問題のCMには人質となっている後藤健二さんと同じ読みの「五島」という人物が登場し、五島さんが宝くじに当たった事を指摘する内容になっています。CM中では宝くじの「締め切り迫る」という描写もあり、これらが人質事件を連想させる可能性が高いと見られ、打ち切りを決めたと発表されました。

サッカーくじでさえ、そんな調子では、さすがに、このお化け屋敷の生首は、もっとやばいかなと、お化け屋敷が好きだった私は、ちょっと心配しています。

動物愛護団体のクレームのせいで中止になった蛇女

ご存知のかたも多いかと思いますが、靖国神社のみたままつりの名物として、お化け屋敷とともに有名だった、小雪太夫による蛇を食べる蛇女芸は、動物愛護団体のクレームで中止になったのが、つい数年前。

百歩譲って、哺乳類ならまだわからなくもないですが、蛇と言ったら爬虫類ですよ。

爬虫類と言ったら、下等動物。下等動物といえば、魚と同じ類。

魚なんか、お寿司屋行けば、生け作りで、ぴくぴく動いてるところを、醤油垂らして食べるくらいなんです。

そんなのと、同じようなものなのに、なんで、動物愛護団体はクレーム入れるんですかね?

まぁ、話はそれましたが、そんな世の中の風潮なので、なんか、生首が出てくるお化け屋敷も、なんか、存続が危うそう。

生首がなくなれば、大丈夫かもしれないけど、生首のない、お化け屋敷は、お化け屋敷の怖さが半減しますよね。

お化け屋敷は、怖いからこそ、お化け屋敷なのですが。かといって、生首飾ったら、動物愛護団体はクレームを入れないでしょうけども、ほかのところが、クレーム入れそうですし。

さて、今年の靖国神社のみたままつりのお化け屋敷はどうなることやら。。

蛇女に続いてお化け屋敷も中止か?消えゆく夏の風物詩 2 蛇女に続いてお化け屋敷も中止か?消えゆく夏の風物詩 3 蛇女に続いてお化け屋敷も中止か?消えゆく夏の風物詩 5 蛇女に続いてお化け屋敷も中止か?消えゆく夏の風物詩 6

 

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close