Taking too long? Close loading screen.

足回りがきれいにキマってるストリートドリフトスタイルなスタンス180

一見すると飾り気がまったくなくてシンプルなんですが、 それが逆に、車全体のシルエットを引き立てます。 すごい下げているんだけど、下げ過ぎギリギリ手前で、 キャンバーも角度つけすぎってほどでないさりげない角度で、 フェンダーとかもいじってて、ホイールもセンスいい!w そんな感じで足回りの処理とか、すごいキマってて、僕としては100点満点ですw ドリ車っぽいけど、あまりにもきれいなんで、スタンス系なのかなとも思いましたw…
Read More...

すずき工芸による歌川国芳「鬼若丸の化け鯉退治」が描かれた全國翼心会の弾丸勇生丸の電飾走行シーン!【光る街道美学】

アニメとかAKBとかがクールジャパンとか言って、まるで世界に誇る日本文化のように言われてまして、 それがまた、日本政府によって推進されているようですが、そんなのが本当にクールなんですかねwwww 浮世絵が書かれたデコトラのほうがよっぽどクールジャパンじゃないですかねw…
Read More...

公道最小?本当にミニ過ぎるミニは高速道路も走行可能な5ナンバーの本格仕様!w

ミニクーパーは、BMW製になってからというもの、ミニといいつつ、車体はひとまわりでっかくなって、デザインはかっこよくはなっていますが、ミニじゃなくなったので、ミニのミニとしての魅力が半減したなぁと思います。 ミニだからこそ、小さくあってほしいと思うんですが、この写真のミニのように、小さすぎても困っちゃいますw これは、決して遊園地とかではなく、正真正銘の公道です。それどころか、なんと白の5ナンバーも取得しているので、高速道路も走行可能な本格仕様です!w…
Read More...

ジープの親分1941ウィリーズ”アメリカー”のホットロッドはどこかデパートのパンダに似てるw

見るからに、どことなく可愛らしいくてかっこいいこの車、 この車は、かつてアメリカで車を製造していたウィリス・オーバーランド社によって1941年につくられた車で、その名も、「アメリカ」と「カー」を組み合わせた、「アメリカー」という名前です。 この、アメリカーは見慣れないけど、車を製造したウィリス・オーバーランド社と聞くと、ピンとくる人も多いかもしれません。 というのも、ウィリス・オーバーランドはあのウィリス・ジープ …
Read More...

感動的なVIP乗りの最期の瞬間!車を通じて知り合った人たちに車を通じて別れの言葉!

サヨナラは別れの言葉じゃないというのは、昭和生まれの人なら誰でも知っていることですね。 再び会うまでの遠い約束ですw https://www.youtube.com/watch?v=7iTNyMxZh4Q 車やバイクを改造して乗ることで、どれだけ世の中に迷惑をかけているんだと言いたくなるほど、 改造車をめぐる環境、周りの締め付けはますます厳しくなっていく昨今。 改造車を取り締まるよりも、改造してないのに危険なマリオカートを逮捕しろと言いたいw…
Read More...

ニュースクールなお洒落すぎる!ライダーとバイクの一体型コーディネートチョッパー

ハーレーとかチョッパーといったら、無骨でワイルド、そんなイメージを持つでしょう。 チョッパーの塗装の一部かのように、油や土埃で汚れた車体、 ライダーは革靴、革ジャン、無精髭、そういうのは、社会的生活では 社会のはみ出し者、アウトローに分類されるはずなのに、 なぜかチョッパーの世界では、そういう泥臭くてワイルドな感じのスタイルが、 まるでチョッパーの制服であるかのように、普通なのが当たり前の世界なのですが、…
Read More...

北朝鮮のミサイル攻撃に勝てそうなフルサイズアメ車シボレー・シルバラード3500武装カスタム

最近、北朝鮮が盛んに日本方面にミサイルを撃ってきていますが、 なんで自衛隊は反撃しないんだと、イライラしている人も多いのではないでしょうかw 縁故採用で大臣になったような稲田が防衛大臣でいる限り、日本は北朝鮮にミサイルを打ち込まれっぱなしでしょうw でも、そんなときでも、ご安心ください。頼もしい民間人もいるんです。 このアメ車の魅力と迫力をそのまま形にしたようなシボレー・シルバラード3500に…
Read More...

走る神殿!高速道路桁下の水銀灯でひっそり輝く伝説の仕事車小笠原荷役さん【光る街道美学】

あなたは小笠原荷役商事さんをご存知でしょうか? デコトラの好きの人であっても、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。 でも、この業界で小笠原荷役商事さんを知らなかったら、はっきり言ってもぐりです。 何を隠そう、私もつい最近まで知りませんでしたw なんでも小笠原荷役さんのトラックは、ツウをうならせるトラックでありながら、 いわゆるイベントなどにはほとんど参加しないため、 多くの人はなかなか見る機会もなく、それがゆえにマニアの間では伝説と化している仕事車なのです。…
Read More...

インプレッションさんのVIP仕様トヨタ・レクサスLS460大黒にて

ライトアップしたレクサスの多分LS460。 フロントマスクがなんかちがうなぁと思ったら、後期仕様に見える フロントに換装しているようですね!w たぶんそれはK-BREAKから発売されている【ハイパーゼロ】というシリーズのエアロのようですw こちら↓ ぱっとみるとシンプルながらもずっしりとした高級感w シルバーに青のライトと、非常におしゃれでセンスのいいVIPカーですね!w
Read More...