Taking too long? Close loading screen.
Browsing Category

Blog

家の前に止まってても恥ずかしくない日本一スタイリッシュなバキュームカー!昭和時代に欲しかったw

2018年のストリートカーナショナルズで、注目を浴びた車の一つが、この車。 おそらく、平成生まれの人たちの目には、このトラック、何かの特殊自動車くらいにしか見えないでしょう。 しかし、昭和世代であれば、すぐにピンときますね、この車。 そうです、バキュームカーです!!w バキュームカーといえば、その昔、まだ下水道設備が整っていない地域では、各家庭でたまったうんこやおしっこを、肥溜めから吸い取って運んでくれる、非常に重要な働きをしていたトラックです!…
Read More...

軽自動車ランボルギーニ!アベンダドール仕様三菱ekワゴン実は超本気仕様だった!

車好きの人であれば、いつかは手に入れてみたいランボルギーニ。 でも、もし、日本全国民がランボルギーニに乗っていたとしたら、ランボルギーニの魅力は半減しますよね?w 他に乗っている人があまりいないからこそ、ランボルギーニに乗ってみたいという気持ち、ランボルギーニの魅力も高まるのだと思います。 ところが、ランボルギーニを手に入れた人でさえ、人と同じランボルギーニでは満足できぬと、ランボルギーニをカスタムしてしまう世界最強の強者が、諸星一家さんでしょう。。…
Read More...

桂田教官を逮捕しようとする警察の正義感は北方領土を巡るロシアの横暴を忘れたか!

2月7日北方領土の日。北方領土の日(ほっぽうりょうどのひ)は、北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還運動の一層の推進を図るために制定された記念日。 これは右翼団体が決めたのではなく、日本政府がそう決めた日だ。 この日の朝早くからロシア大使館の前で街宣車から拡声器を通じて、北方領土の返還を訴える人がいた。桂田教官だ。 その桂田教官が乗った街宣車が信号待ちで速度を緩めたときに、音量測定の棒を持った警察官と、音量警告幕をもった警官が駆け寄った。…
Read More...

マツダファンが泣いて喜ぶ鼓動デザインRX7FDロケットバニー装着!

このマツダRX7のFDをパッと見たとき、おお!かっこいいなぁと思ったんですが、じっくり見ると、「かっこいい」程度のことでは済まされない、すごい改造ですねwwwww まず目につくのは、なんといっても、2016年のスタンスネーションでも装着率高かった、ロケットバニーのフェンダーです。 ロケットバニーが装着された改造車の写真…
Read More...

全員逮捕覚悟で高速道路占拠!これが我ら先輩関東旧車會全盛期の走りだ!

最近では警察による旧車會の取り締まりが激化したこともあり、走る場所はもちろん、集う場所も少なくなり、 旧車會側の自主規制もさることながら、そもそも旧車を降りてしまう人も増え、 最近の多くのツーリングは、昔に比べると少数精鋭、ゲリラ的な走りの傾向がより強くなってきています。 では、昔は警察の取り締まりは緩かったか?といえば、そんなことはなかったと思いますが、 それでも、厳しい警備の隙をついて、自由奔放に走っていたと思います。 …
Read More...

ディズニーランドにドラゴンソアラ見参!伝説のストリートドリフトシーンと最期にまつわるエピソード

真っ赤なソアラに金色のキラキラ輝くどでかい龍のステッカーを貼ったこのソアラ、エンジン音も、ほかのストリートドリフトマシーンとは一線を画す、キュヒュヒュヒュヒューっとすごい大きく、独特な音をしていたんで、ギャラリーの間では、ドラゴンソアラのエンジン音を「龍の鳴き声だ!」なんて言っていたものですwwwww 前回も登場していますw http://kinzoupro.com/4520 ただでさえめったに見ない神出鬼没のドラゴンソアラが、…
Read More...

箱根駅伝のアンパンマン号が2014年に大黒パーキングに出現していたw

何気なく写真整理をしていたら、驚くべき車を見つけました! そうです、今年の箱根駅伝、2日に行われた箱根駅伝往路において、1区(大手町~鶴見中継所)や2区(鶴見~戸塚中継所)で選手と伴走して話題となった、アンパンマンの顔をした車、アンパンマン号です。 この写真は、大黒パーキングで撮られたもので、日付を見たら、2014年4月26日でした。 つまり、少なくとも、3年半以上前から、このアンパンマン号は存在していたことになります。…
Read More...

スタンスという戦場で段差と戦った車高短VIPはまるで負傷した帰還兵のようで感動的!w

選考基準がいまいちはっきりせず、毎回物議を醸し出すスタンスネーションw 今年もなんであの車が選ばれなかったの?なんであの車が選ばれたの?ということで、一部では大いに盛り上がっていましたw その話は置いといて、 このセルシオ、カスタム具合も車高の低さも納得のスタンスネーションエントリー車です! それにしても、なぜかフェンダーが取れてタイヤがむき出しになっているまま走ってますが、 それがなんだか、すごい感動的な雰囲気を醸し出していますw …
Read More...

マニアな右翼?すずき工芸も仰天のイケイケ改造激ヤバ街宣車の危険な事実

まず初めに言っておきたいのが、この街宣車は撮影禁止となっています。 つまり写真を撮ったことは盗撮行為にあたり、よってこの盗撮行為によって撮影された写真を見たあなたも、同罪もしくはそれ以上の犯罪となりますことをご理解ください さて、この街宣車の何がそんなにすごいのか、ほとんどの人はぴんと来ないかもしれません。 街宣車や、改造車のことに関して詳しい人であっても、まだぴんと来ないでしょう。…
Read More...