Taking too long? Close loading screen.
Browsing Category

Blog

全員逮捕覚悟で高速道路占拠!これが我ら先輩関東旧車會全盛期の走りだ!

最近では警察による旧車會の取り締まりが激化したこともあり、走る場所はもちろん、集う場所も少なくなり、 旧車會側の自主規制もさることながら、そもそも旧車を降りてしまう人も増え、 最近の多くのツーリングは、昔に比べると少数精鋭、ゲリラ的な走りの傾向がより強くなってきています。 では、昔は警察の取り締まりは緩かったか?といえば、そんなことはなかったと思いますが、 それでも、厳しい警備の隙をついて、自由奔放に走っていたと思います。 …
Read More...

ディズニーランドにドラゴンソアラ見参!伝説のストリートドリフトシーンと最期にまつわるエピソード

真っ赤なソアラに金色のキラキラ輝くどでかい龍のステッカーを貼ったこのソアラ、エンジン音も、ほかのストリートドリフトマシーンとは一線を画す、キュヒュヒュヒュヒューっとすごい大きく、独特な音をしていたんで、ギャラリーの間では、ドラゴンソアラのエンジン音を「龍の鳴き声だ!」なんて言っていたものですwwwww 前回も登場していますw http://kinzoupro.com/4520 ただでさえめったに見ない神出鬼没のドラゴンソアラが、…
Read More...

箱根駅伝のアンパンマン号が2014年に大黒パーキングに出現していたw

何気なく写真整理をしていたら、驚くべき車を見つけました! そうです、今年の箱根駅伝、2日に行われた箱根駅伝往路において、1区(大手町~鶴見中継所)や2区(鶴見~戸塚中継所)で選手と伴走して話題となった、アンパンマンの顔をした車、アンパンマン号です。 この写真は、大黒パーキングで撮られたもので、日付を見たら、2014年4月26日でした。 つまり、少なくとも、3年半以上前から、このアンパンマン号は存在していたことになります。…
Read More...

スタンスという戦場で段差と戦った車高短VIPはまるで負傷した帰還兵のようで感動的!w

選考基準がいまいちはっきりせず、毎回物議を醸し出すスタンスネーションw 今年もなんであの車が選ばれなかったの?なんであの車が選ばれたの?ということで、一部では大いに盛り上がっていましたw その話は置いといて、 このセルシオ、カスタム具合も車高の低さも納得のスタンスネーションエントリー車です! それにしても、なぜかフェンダーが取れてタイヤがむき出しになっているまま走ってますが、 それがなんだか、すごい感動的な雰囲気を醸し出していますw …
Read More...

マニアな右翼?すずき工芸も仰天のイケイケ改造激ヤバ街宣車の危険な事実

まず初めに言っておきたいのが、この街宣車は撮影禁止となっています。 つまり写真を撮ったことは盗撮行為にあたり、よってこの盗撮行為によって撮影された写真を見たあなたも、同罪もしくはそれ以上の犯罪となりますことをご理解ください さて、この街宣車の何がそんなにすごいのか、ほとんどの人はぴんと来ないかもしれません。 街宣車や、改造車のことに関して詳しい人であっても、まだぴんと来ないでしょう。…
Read More...

もう笑えない「北の国から」!ねこまたぎレーシングの暴走が現実になった!

ついに来るか! 北朝鮮がミサイル発射準備か、政府が信号感知 警戒強化 と今朝報じられました。 ニュースによれば、政府が北朝鮮の弾道ミサイルの発射準備とみられる信号を感知したというではないですか。 以前にも、北朝鮮は9月15日に平壌(ピョンヤン)郊外から弾道ミサイル1発を発射し、北海道上空を通過する形でおよそ3700キロ飛んで襟裳岬の東の海上に落下しましています。  …
Read More...

我慢汁出そうなプロセックス装着71協同組合の族車クレスタの素晴らしさを語る

トーヨータイヤから発売されているプレミアムブランドシリーズのタイヤPROXES(プロクセス)。 言わずと知れた、トーヨータイヤが誇る、アメリカで高い評価を得たレミアムブランドシリーズのタイヤです。 日本語で読んでも、英語で読んだとしても、 まともな脳みその持ち主であれば、絶対にプロセックスと勘違いしてしまいますねw その実に素直でベタな、暴走族ウケを狙ったネタのステッカーを堂々と貼り付けたこの71クレスタ。 ステッカーなだけにベタなんでしょうw…
Read More...

激エグ武装系カスタムのスタイリッシュお洒落ハマーH2は自衛隊志願者激減の歯止めになるか!

白いボディーに鮮やかなレッドのアクセントが効いたこのハマーH2。 ぱっと見るとすごいおしゃれでスタイリッシュな感じなんですが、 よく見ると、車の至る部分が、ガードパイプ、カンガルーバー、グリルガードで覆われています。 このガードパイプは、おそらく軍用車が、イスラム国の敵兵を跳ね飛ばしても、車が傷つかないように防御するものだと思うのですがw それにしても、本格的な軍用車でさえ、これほどのすさまじいガードパイプを装着している例は見られません。…
Read More...

迫力あり過ぎ夜道を走る街宣車!救国政治連盟政治結社日本正道会の特型警備車風バス全解説

正道会というと、空手少年だった僕は、佐竹正昭が活躍していた正道会館を思い出しますが、 インターネットで正道会と調べると、一番上には北海道札幌市中央区南8条西4-423-9に本部を置く暴力団で、六代目山口組の三次団体の正道会が出てきます。その下には空手の正道会館で、その次は、保育園を経営する社会福祉法人の正道会が出てきます。 正しい道とかいて、正道会。…
Read More...

大駱駝艦の金粉ショーはなぜおっぱいを隠したか?前衛舞踏の芸術は猥褻なのか?

僕はかつて大駱駝艦の熱狂的なファンでした。大駱駝艦の金粉ショーが好きでした。 なぜか? それは路上でおっぱい丸出しで踊っていいたからです。男性はもちろん、女性もです。 一応、僕としてはいやらしい目で見ていたというわけではなく、路上の公衆の面前で、特に女性がおっぱい丸出しで踊るという、常識を超越したパフォーマンスに対して、ロックンロールなパンクに通じる、世間への挑戦、常識の破壊みたいなカッコよさを感じていたからです。…
Read More...