Blog

二人のジジイが作った公道を走る伝説のレーシングカー!トミーカイラZZ

多くの人はこの車を見て、まさか日本車だとは思わないでしょう。。。

確かに厳密に言えば、日本車ではないのかもしれませんがw

これはかつて日本にあったトミーカイラという自動車のメーカーが出したものでした。

もともとはチューニングメーカーでしたが、「レーシングカーで公道を走る」というコンセプトを実現するために、アルミ製のモノコックシャシーに、4輪ダブルウイッシュボーンのサスペンションを取り付け、完全オリジナルデザインのFRP製のボディを被せるという、レーシングカーの構造に忠実な車として、販売されました。

日本人の手で設計され、日本で販売されたものの、生産はイギリス。

夢のようなコンセプトと、総生産台数は206台という希少さからも、このトミーカイラZZが伝説と言われている所以です。

なんでも、日本で一番希少で高額だと言われているトヨタ2000GTでさえ、その総生産台数は337台というのですから、いかにトミーカイラZZが伝説の車であるか、わかっていただけるかと思います。

ちなみに、トミーカイラZZのZZは、フェアレディーZみたく、ゼットとは言わず、ジージーと読みます。

というのも、トミーカイラの創業者である冨田と解良が昔から抱いていた「自分たちの手に依るクルマを作りたい」と言う夢を実現した時にはいわば「二人の爺さん」(つまり「爺・爺」)となっていたことが由来だそうです。

そんな伝説のレーシングカーが、ポンと公道に停まっているとこが、またたまらないですよねw

 

Tags

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button