Portfolio

世界一かっこ良く輝いていたメルセデスベンツSLS AMG

スーさんのベンツSLSが世界で一番かっこよかったです!
ご冥福をお祈ります (T_T)

世界一かっこ良く輝いていたメルセデスベンツSLS AMG 1 世界一かっこ良く輝いていたメルセデスベンツSLS AMG 2 世界一かっこ良く輝いていたメルセデスベンツSLS AMG 3

世界一かっこ良く輝いていたメルセデスベンツSLS AMG 5

メルセデスベンツSLS AMG

概要[編集]

2009年9月に開催されたフランクフルトモーターショーで発表され、2009年11月16日にドイツ国内で[1]、翌2010年3月27日に欧州各国で販売が開始。日本国内へは同年6月10日に正式導入が発表され、同年9月28日から納車を開始した。それまでメルセデス・ベンツの各モデルのチューニングを手掛けていたAMGが初めて完全独自開発したモデルである。SLRマクラーレンの事実上の後継車ではあるが、カーボンモノコックボディの採用を見送るなどして、価格は大幅に抑えられている[2]。なおSLRマクラーレンとは違い右ハンドル仕様も製造されていたが、日本へは左ハンドル車のみが正規輸入販売された。
日本での販売価格は、2490万円からであった。
デザインは1954年に発表されたメルセデス・ベンツのクーペ、300SLをモチーフとしており、300SLと同様にガルウイングドアが採用されている。
また、2010年~2014年までF1のセーフティカーに用いられていた。

SLS AMGは2014年に生産終了することが発表された。後継車として2014年秋にAMG GTが発表された[3]。

メカニズム[編集]

AMGの63系モデルに搭載されるM156型エンジンをベースとし、ドライサンプ化など約120箇所に専用のチューニングがなされた乾燥重量205kgのV型8気筒DOHC32バルブ 6.2L M159型エンジンがフロントミッドシップに搭載される[4]。トランスミッションには新開発のゲトラグ製7速DCT「AMGスピードシフトDCT-7」が組み合わせられ[5]、トランスアクスル レイアウトがとられる。
ボディにはマグナ・シュタイアー製、総重量241kgのオールアルミのスペースフレームが採用され、前後重量配分は47:53としている。
なお、0-100km/h加速は3.8秒を、最高速は317km/hを記録している。

Tags

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

21 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button