Portfolio

【滑りの美学】夜のドリフト走行写真は腕もさることながらカメラ性能も重要だと思う

この写真は、いろがザラザラですが、感度を必要以上に上げているせいです。

これからどんどんカメラが進化していけば、同じ条件でとっても、もっと鮮明に、もっと鮮やかに、もっと綺麗にうつるんでしょうけども。。。

この同じ場所の同じ制約の中では、誰がとってもこれが限界なはずww

夜なんかは、いろいろな制約があるから、特に、どれをとってどれを捨てるかなんで、

あらゆる条件、制約、カメラ性能などのなかで、写真にする上で選んだぎりぎりの結果というわけですwww

 

ちなみに言わなくてもわかるかと思いますが、ドリフトチームのFunky(ファンキー)さんです!

かっこいいですね!!

カメラの性能の極限で撮る 1

Tags

kinzouPRO

カメラマンとしてテレビや新聞に載らないストリート・アンダーグラウンドシーンを追いかけてます。ハッシュタグ #kinzoupro を僕の撮った写真につけてくれると嬉しいです。各種問合せはこちらから> http://kinzoupro.com/support

35 Comments

  1. いやいやいや、それにしたって腕がやっぱりあるよきんぞぅさんは❗
    私も今色々試して、ホントつくづくきんぞぅさんの腕にはビックリしてるんだから(´・ω・`;)
    腕がない私なんかはたくさんお金持ってレンズ買わなきゃならないの。。。
    私が撮ってもらった写真だって全然ノイズなかったし、きんぞぅさんを越すのは無理だよ(இдஇ; )

  2. いやいやいや、それにしたって腕がやっぱりあるよきんぞぅさんは❗
    私も今色々試して、ホントつくづくきんぞぅさんの腕にはビックリしてるんだから(´・ω・`;)
    腕がない私なんかはたくさんお金持ってレンズ買わなきゃならないの。。。
    私が撮ってもらった写真だって全然ノイズなかったし、きんぞぅさんを越すのは無理だよ(இдஇ; )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button
Close
Close