Taking too long? Close loading screen.
Browsing Tag

ドリフト

狂った危険運転こそストリートの醍醐味?真夜中の雨の峠で箱乗りドリフト!

安全にドリフトできるように毎日のようにドリフト走行の練習をしているプロのドライバーが、安全にドリフト走行できるようにチューンナップされたドリ車を、安全に走れるように厳しい基準に沿って整備して、ドライバーはヘルメットをかぶるなどの徹底した安全対策をして、ドライバーはもちろん観客の安全を徹底的に考えられたサーキットのコースを走るのが、D1というドリフト競技ですねwwww そんなことを考えると、いかにこの写真のドリフトしている人の頭の中が狂っているかが分かるでしょう…
Read More...

木更津流儀!ストリートでもワイヤーから火花を散らして走り切る横田商会TAWACの90クレスタ

ドリフトをしていて、タイヤから火花が出てくるということは、 タイヤのワイヤーがむき出しになるほどタイヤがすり減っているわけで、 そのまま走ってれば、ほどなくしてパンクしてしまうから、 普通であれば、すぐに走るのをやめてピットイン、タイヤ交換をするのが普通です。 走っている最中にパンクしてしまったら、ホイールやシャーシを壊しかねないし、 エアロを割ってしまいかねません。…
Read More...

ディズニーランドにドラゴンソアラ見参!伝説のストリートドリフトシーンと最期にまつわるエピソード

真っ赤なソアラに金色のキラキラ輝くどでかい龍のステッカーを貼ったこのソアラ、エンジン音も、ほかのストリートドリフトマシーンとは一線を画す、キュヒュヒュヒュヒューっとすごい大きく、独特な音をしていたんで、ギャラリーの間では、ドラゴンソアラのエンジン音を「龍の鳴き声だ!」なんて言っていたものですwwwww 前回も登場していますw http://kinzoupro.com/4520 ただでさえめったに見ない神出鬼没のドラゴンソアラが、…
Read More...

横向きに走るストリートの魔術師!w神奈川マジシャンの33ローレル白煙ドリフト

マジシャンというと、ピンクの色でそろえたストリートドリフトのチームのことを思い浮かべる人も多いでしょうが、 それは千葉を中心とした埠頭を主戦場にしていた千葉のチームで、 そのチームとは全く別の、魔術師と書いてマジシャンという、別名カナマジとも呼ばれていたチームは、 神奈川の峠によく出没していたと記憶していますw その、神奈川マジシャンの紫のC33ローレルのストリートドリフトシーンです! なんか、やけになれた感じで落ち着いた感じで運転していますねw
Read More...

峠の細いカーブを不自然な角度で走るドリフト族AQUAの100マはストリートの隠れ角度番長!

この100系マークIIは、フロントガラスに、AQUAと書いてあるからおそらくAQUAというチームの人でしょうw 余計なエアロはつけていないけど、いい感じで車体を下げいて、後輪のフェンダーへの潜り具合が マジシャンの高宮さんの昔の車みたいでエロかっこいいw それがまた、この普通に走っても走りにくそうな峠の細道のカーブを、 信じられない角度を付けて走ってますw 一ミリの道路幅も無駄にしないぞと言わんばかりのこの角度!!!…
Read More...

ゲリラ暴走!東京湾岸ストリートドリフトの警察との攻防をレポート

湾岸地帯を走っているときに、道路上で奇妙な軌跡のタイヤ痕がやたらとある場所があって、なんでこんなタイヤ痕がついているんだろう、なんでこんな形のタイヤ痕が付くんだろう、と不思議に思ったことがある人も多いかと思います。 きっとそれは、ドリフト族によるゲリラ暴走の跡なのですw そして今、警視庁はドリフト族検挙に向けて、動き始めています。そんな状況を手短にレポートしましたw ご興味ある方は実話ナックルズ10月号をご覧ください 実話ナックルズ…
Read More...

警察を混乱に陥れたきんぞうプロ報道車両ステッカーまみれビッグスクーターと確認団体一覧

このビッグスクーターはフォルツァMF08、撮影されたのは2009年11月。このすぐあとに廃車となる。 新車で購入し、走行距離が10万キロに達したところで、バイク屋の人が、これ以上乗ると、さらに故障が増えて修理代がかさむので、新車を買ったほうがいいと言われたからだ。 僕が新車への買い替えを決心したのは、もう一つ理由があった。 それは、バイクの至る所に貼られたステッカーだw 誤解してもらいたくないのは、けっしてステッカーをもらうのが嫌なわけではない。…
Read More...

【時効写真館】土屋圭市も真似できない?ストリートドリフト史上最も極悪危険な原付きビタビタ追走ドリ

ドリ車の前をトロトロ走る原付。バイクの運転手の顔を見ると、ひきつった顔でバックミラーをのぞいています。そこには、煙をたてて近づいてくるドリ車が写っているから、「ぶつかるかもしれない」とあせっているのでしょう。…
Read More...

タイヤで書き初め?手塗り感が猥褻なピンク110の求道者が魅せるストリートドリフト【滑りの美学】

鮮やかなはずのピンクが、手塗りのせいか傷のせいか?ムラの目立つ110マークII この雑なピンクも、まるで色ムラもデザインの一部だと主張しているかのようで、 それがまたかっこよさを醸し出していますwwwwwwwwww 色も目立ちますが、作りもまたストリート感でてますね~www 110のいくらかズングリムックリした感じをさらに強調する オーバーフェンダーと、そこにタイヤがめり込んだ、ツラ内な感じは、 そこらのにわかスタンス厨の見せかけの車では決して出せないであろう、…
Read More...