Taking too long? Close loading screen.
Browsing Category

Portfolio

暴走族仕様の派手さと街道レーサーのスピード感を見事に融合!益子レーシングGZ10ソアラ

思わず中山美穂が「派手だね!」と言いそうなこのGZ10のソアラ。 万が一人をはねたら、ハネられた人は飛んでいったりシないで、そのまま突き刺さりそうな、 そんなシャープなロングノーズにボンネットスポイラーwww で、エグいワークスのオーバーフェンダーに、これまたピカピカのホイール で、実にナイスな角度と流さと配置の竹槍マフラーが、 見事に形だけでスピード感を出すことに成功していますwww…
Read More...

カメムシからデザインの着想を得たランボルギーニ・アヴェンタドールは止まってるのに速そうw

止まっているだけなのに、すごい速そうなこの車の名前は、ランボルギーニー社のアヴェンタドール!w 車名はスペイン・サラゴサの闘牛場において1993年10月から活躍した雄牛の名にちなむそうです!ウィキペディアによると! 驚くべきことに、エンジンフードカバーのデザインは、カメムシの外観から発想を得たものだそうです!ウィキペディアによると。 五千万もする最高級のスポーツカーが、まさかカメムシのオマージュとはびっくりデスねw…
Read More...

STREET CAR TEAM【indie Bloods】のスポコンシビックEJ1は文句なしのカッコよさ!そして綺麗!w

いやぁ、これはかっこいい!w スポコンの王道中の王道で、ど真ん中から切り込んできています!w 目をひくオレンジのボディーカラーに、これまた緑のアンダーネオンのピカピカがたまらないです!w INDIE BLOODS street car team というチームだそうで、フェイスブックにページがありました。 https://www.facebook.com/STREET-CAR-TEAMindie-Bloods-742579855813178/ …
Read More...

【滑りの美学】深夜のストリートでキメるSHOUT ROGUEのピンク110とストリートドリフトとD1の違いww

この車は派手だから写真映えもするんだけど、ヘッドライトがすごい明るいんで、ちょっと角度を間違えると、 画面全体がボワッと白くなってしまうんで、そうしたことも考慮しながら、探り当てた最高のアングルです!www あいかわらず、いい写真撮りますね~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww それはさておき、こないだどっかのインターネットで何気なく書いてあるのを見つけたんだけど、…
Read More...

バイクにみなぎる血のように真紅に光る黒いトライクVT1300

その詳細は謎のベールに包まれているものの、 ベース車両はホンダ技研から販売されている大型バイクVT1300ではないかと強く推測されるこの車両は、トライクカスタムを行っているGORDONが手がけたものだ。 実に美しく輝くメッキエンジンをさらに引き立てるツヤのある黒色のボディ、 そして、その車体の中に張り巡らされた赤いネオンのスイッチが入れられると、 まるで体中を巡るバイクの大動脈の血小板ののようにピッカピカに輝く!w…
Read More...

A80スープラってこんなにかっこよかったっけ?wスタンスはやっぱイイね!w

なんかわからないけど、このスープラ、すごいかっこいいんですよね―w 普通よりも長くなっているような、そんな感じもするし、 で、よくみてみると、それほどボディーに手を入れているわけでもないんですよね?多分。 スタンスって、車の本来の持っているカッコよさを、これでもかって引き出す、そんな感じですw そもそも、これがスタンスなのか、それはオーナーにしかわかりませんが。。。
Read More...

初期型には見えない!そぎ落し系カスタムのスタイリッシュなSpreme風の赤ボックス仕様T-MAX

カスタムというと、ついついプラスマイナスのプラス思考で、いろいろとエアロやパーツを追加していく方向に頭を働かせてしまいますが、このT-MAXはよけいなものをそぎ落としていく系のカスタムです! みるとなんてことない、普通のビックスクーター、T-MAXですが、これが初期型だというからびっくりデス。 このT-MAXの場合、ただたんにパーツを取り外していったというわけではなく、すっきり見えるように、…
Read More...

見た目は世界最速!ランエボ裏ファイナルエディションは空気抵抗も味方につける!w

惜しまれながらも、その輝かしい歴史に幕を閉じた、ランサーエボリューション! その、事実上、最終型となる第四世代のランエボの足回りは、 徹底的に高められ、市販車としてこれ以上ない高水準の走りを見せてくれるマシンだ!(多分w) でも、モデルが変わるごとに、足回りは高められていったものの、 デザインに関しては、それほど劇的な変化がなかったように思えるのは筆者だけであろうかw ランエボはファイナルエディションが発売されたものの、…
Read More...

【旧車會名車図鑑】シンプルながら大胆な色の組合せ!スズキGS400

車両のカラーリング自体は、爽やかな青空を思わせる水色をメインカラーとして 実に素直にシンプルに使いつつも、三段シートはみずみずしく艶々しい赤を チョイスすることで、強烈なインパクトを醸し出すことに成功している、印象的な一台! こんな真っ赤な三段シートにまたがったら、それだけでテンション上がっちゃいそうです!
Read More...

【滑りの美学】千葉県のスーパーヒーロー花島親分は走りも車の作りもペイントも最高ファミマ号!

千葉県のストリートドリフト界において、花島親分のことを、千葉県のヒーロー、いや、スーパーヒーローと呼んで怒る人はまずいないであろう! いや、警察は怒るかもしれないw それほど、千葉県のストリートドリフトを語る上で、欠かすことのできない存在である花島親分! 何がすごいって、走りがすごいのは当然の事ながら、車の作りもいいし、なによりも毎回ペイントでもみんなを楽しませてくれる!…
Read More...