Taking too long? Close loading screen.
Browsing Tag

走り屋

【凄痛車】走り屋の本気仕様っぽい中二病でも恋がしたいスプリンタートレノノッチバック

この中二病でも恋がしたい!小鳥遊六花&七宮智音仕様のスプリンタートレノノッチバックは、 ついついド派手なアニメのカッティングシートに目が行きがちですが、 何気に車のいじり方も、けっこう気合入っていますw よく見るといろいろなパーツを沢山取り付けていますが、 その割に、走り屋仕様の観点から見る限りゴテゴテ感を感じさせない、 走り屋改造の機微を心得た痛車だと思いますw 本職走り屋の人たちがやりがちな、細部の作りこみの無造作さまで丁寧に再現されているので、…
Read More...

結構本気仕様だけど絶対遅そうなトヨタ・プラッツ走り屋仕様!

トヨタ・プラッツといえば、初代のヴィッツをベースにトランクを追加されたモデルで、価格を抑えつつも、サイズの割には車内が広く、トランクの容量も多いため、その実用性の高さから、社用車やパトカーなどとして人気のあった車であったものの、日夜公道でスピードを競い合う走り屋たちには、ほとんど見向きもされない車だw  プラッツの走行性能のなめられ具合は、次の動画、「【警察】プラッツパトカーをなめて追い抜いたら追尾されあわてる車」からも確認できるw…
Read More...

素人は気づかない!w 飾りっけないけどグリップ系の走り屋(多分)感がビンビンに伝わってくるランエボII

ぱっと見、シンプルなんで素人がみたら、見過ごしてしまうかもしれませんがw おそらくすさまじい改造がなされてそうな感があるwランエボII これぞ走り屋!!!って感じです!!! 確認はとれてないですが、ほぼ間違いなくグリップ系ですねwwww 三菱はへんな偽装ンなんかしていないで、こういう素晴らしい名車をつくっていた時代に戻って欲しいですね!!w というか、昔の投稿を調べたら、非常に似たランエボを撮っていたのですが、 多分別の車両ですよね??…
Read More...

見た目は世界最速!ランエボ裏ファイナルエディションは空気抵抗も味方につける!w

惜しまれながらも、その輝かしい歴史に幕を閉じた、ランサーエボリューション! その、事実上、最終型となる第四世代のランエボの足回りは、 徹底的に高められ、市販車としてこれ以上ない高水準の走りを見せてくれるマシンだ!(多分w) でも、モデルが変わるごとに、足回りは高められていったものの、 デザインに関しては、それほど劇的な変化がなかったように思えるのは筆者だけであろうかw ランエボはファイナルエディションが発売されたものの、…
Read More...

豆腐屋も度肝を抜く正統派シルエットAE86レビンは超攻撃的な走り屋に間違いない!w

このAE86を見た時、すごい恐怖感を覚えたのを今の事のように思い出しますw というのも、とにかく速そうに見えたからです!w こうした、シルエットフォーミュラっぽい?車は、街道レーサー界においてはけっこう見かけるのですが、 走り屋的な雰囲気のところでは、なかなか見かけないものです。 このAE86が走り屋かどうか、街道レーサーなのかは今となってはわかりませんが、 居住性が極度に悪いバケットシートを装着しているところを見る限り、ほぼ走り屋とみて間違いないでしょうw…
Read More...

エロい膨らみにカウパー腺液が吹き出しそうなブリスターフェンダーのAE86!

オーバーフェンダー仕様のAE86の場合、やっぱり後付セパレートタイプのアーチ型オーバーフェンダーが多いと思うんです。 このAE86が、ビビっとくるのは、やっぱり、ブリスターフェンダーだからかなぁと思いますw この膨らみ具合は、スカイライン34GT-Rを思い起こさせるシルエットで、 トヨタが日産をレイプしているみたいでたまりませんww で、このAE86は、グリップなのかドリフトなのか?という問題が出てきます。…
Read More...

走りに不真面目な走り屋のバイクGSXR250パジャマ号EAST JAPAN 変態 ALL STARS

これは走り屋のバイクなのですが、少なくとも旧車や族車、チョッパーやビッグスクーターなんかと違って、 仮にも、走り屋というくらいですから、そのカスタムの方向性は、走ることに対して真摯な態度でいなければ ならないと考えるのが、普通の人の考えだと思うのですがw この、名前からして真面目とは思えない、「パジャマ号」は、どう贔屓目に見ても、 走りに対して真面目に向き合っているとは思えないカスタムですw まず、どう考えても空気抵抗を敵に回すようなモンゴリアン風防の取り付け角度w…
Read More...

警察上等?走り屋の共同危険行為!法定乗車定員違反で膝擦り頭擦り!

このバイクは、50CC、原付きなんで、法定乗車定員は1名です。 そうした道路交通法が適用されるのは公道であるから、 乗車定員の6倍にもなる六人乗りでの走行であっても サーキット内であるから、違反ではないものの、 だからといって、このような乗り方は、簡単に真似できるものではないですね。 バイクの走り屋さんたちのように、訓練されたライダーであるからこそできる芸当。 しかも、この状態で、膝擦り、はたまた、頭擦りまでやってしまうんですから、 本当にすごいと思います。…
Read More...

空気抵抗だけを真剣に考え抜いた見た目は世界最速のNSX

いやもう、このNSXを見た時は、あまりにもかっこよすぎて足が震えました。 この走り屋のやりたいことを全部つぎ込んだようなスタイルの改造も素敵なのですが、 なによりも、こうしたガリガリの改造NSXにストリートで出会うことができたということに感動です。 オートサロンのイベント会場で、豪華なステージと贅沢な照明にギラギラ照らされて コンパニオンのきれいなおねえさんたちがいれば、かっこよく見えるのは当然です!…
Read More...