Taking too long? Close loading screen.
Browsing Tag

はたらくくるま

権力の犬のパトカーがあれ?ポリスじゃない!意外と深い暴走族のユーモアセンスw

警察がなぜ権力の犬だと言われるかご存じですか? それは本来であれば、普遍的な善悪を実現することを市民に期待されているはずの警察も、 市民の期待する善悪よりも、その時に権力を握っている政権の方針を優先するためです。 つまり、民主党が政権をにぎっていたときは、鳩山由紀夫や菅直人の言うことを聞いて 自民党が政権を握ると、安倍晋三や森喜朗の言うことを聞く姿が、 まるで、善悪の見境なくご主人の言うことを尻尾を振って聞くような犬に見えるからです。…
Read More...

暴走族の英知が結集されたパトカーのぶった切りクラウンの誕生秘話

ひとたび暴走車輌が道路を走リ出すと、その瞬間から警察との戦いが始まります。 暴走族はあらゆる法律を破るためです。 制限速度無視、信号無視、一旦停止無視、シートベルト着用無視、整備不良無視、、シンナー取締法。 よって、暴走族は、ポイント稼ぎの警察にとって、まさに金のなる木、ドル箱のようなものですw よって、警察は暴走族を見つけると断然に張り切ります。 …
Read More...

【光る街道美学】世紀の一瞬を捉えた!デコトラがジョナサン号を運ぶ感動のナイトシーンw

このジョナサン号は、自走はできるのですが、長距離移動の際は車載車を利用しています。 その長距離移動において積載車のトラックを利用するのですが、 それがまた、デコトラでして、デコトラがデコトラを運ぶという、素敵な状態になります。 デコトラがデコトラを運んでいる!なんて見ただけでもぞくぞくしますが、 これが夜になると、運良ければ電飾ギラギラのタイミングで ジョナサンを積んでいるところを見ることができます。。。…
Read More...

負の遺産か傑作か?グラチャン史上に残る民主党街宣車は暴走族反逆のシンボル!

ぱっと見ると、オープン仕様にボンネットだしマフラー、長めのデッパ(チンスポ?)にシルエットウィング&リヤッパネにワークスフェンダーと、暴走族が考えに考えぬいた流体力学によるあらゆる空気抵抗を減らすためのパーツをふんだんに使ったグラチャン車両。 これであれば国費配備では実現できないであろう走りに徹した県費配備車の千葉県警の東関道を走り回るうざい交機の覆面インプレッサの追尾でも余裕で振りきれるであろうスピードを実現できるはずであるw…
Read More...

道路公団(どうろこうだん)のはたらくくるま雪(ゆき)かきをする除雪車(じょせつしゃ)栃木仕様

機械の目的 これは雪の高速道路を守るために働く車で、道路(どうろ)の雪(ゆき)を道路(どうろ)の左右(ひだりがわ)にかきよせて、自分の車だけが走(はし)れるようにします。 通常は雪道の走破性を考えて、4輪駆動のトラックをベースにした車両が用いられることが多いのですが、違法改造と間違えられて警察から追いかけられたときに、より早く逃げることのできる利便性を考慮して、栃木県などではセダンが選ばれることもあります。…
Read More...

横暴極まりないタクシー東京無線!オープン竹槍まるで暴走族

バイクに乗っている人であれば、タクシーに危険な目に合わされた人も多いのではないでしょうか。 後ろを走っていたら、客を拾うために急ブレーキしたり、突然車線変更したり。 まあ、タクシー運転手の方々は、客を拾って初めて仕事になるわけだから、 そうした急ブレーキ、車線変更は、ある程度、仕方のない事かもしれません。 むしろ、タクシーが近くに走っていたら、そういう動きをするかもしれないという 予知能力を働かせて、自己防衛するしかないですね。…
Read More...